スロットの天井解析と実践、たまに時事ネタやサブカルの感想も書いていくかもしれないブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うみねこのなく頃に 天井攻略解析


©オーイズミ

◇天井性能

運命分岐モード終了後、250Gor500Gで運命分岐モードへ移行


AT全盛期の現在となっては導入も少ないタイプとなってしまったノーマルの新台、うみねこのなく頃にの情報です
同社の人気台だったひぐらしのなく頃にと同様に設定1でも技術介入により、割100%を超えるそうで

「ひぐらし」の後継機という事でゲーム性やスペックもほぼ同じになっているみたいです
ボーナスと完走型RTを絡めて出玉を伸ばすタイプで、RTのゲーム数は30・50・90・150で純増0.75枚

ひぐらしが結構前だし、打ってない人の為に言っておくと、完走型RTとはATやARTと違い、ボーナスが途中で
当選すれば、RTを全て消化してからボーナスが告知される、という仕様です、ガンダムなんかもありましたっけ

ボーナスに当選すると、必ず運命分岐モードに移行し、ベルやチェリーに入賞すればRTスタートとなります
分岐モード中に中押しナビで中段ベルが止まると、真相究明モードが確定、リプだと転落か現状維持です

中押しの時には運任せにするか、ビタ押しでチャレンジするか、という部分もひぐらしを受け継いでいます
ビタ押しチャレンジしない場合は68%でRT30が50に昇格する仕組みになっています

68%以上の確率でビタ押し成功させられる人はビタ押しをした方がお得、という事になりますな
まあ、どっちにしろ、ハイエナ出来る機種じゃないんで、エナ専の人には関係ない台ですが一応
関連記事
[ 2014/01/21 20:30 ] スロット機種 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

怠けの達人ヒマニート

Author:怠けの達人ヒマニート
日々惰眠を貪りながらサブカルとスロットにうつつを抜かす堕落の間へようこそ
相互リンク希望の方はコメントに一言下さい

相互RSS
カウンター
人気記事ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。